Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

妊娠中の悩み

妊娠中は夫のこんな一言がしんどい!疲れたママさんを癒やす対策

更新日:

妊娠中、思っても見なかったことが起きたり、いつもの疲れと違う疲れがきたり、いろんなことが襲いかかってきますよね。

そこで妊婦さんの大変さと、どのようにして少しでも負担を軽くするか、見ていきましょう。

妊婦さんもその旦那さんも、要チェックです!

 

初めての妊娠でこんなことが!意外だったこと10選

初めての妊娠、不安なことも多いですよね。

実際に出産を経験した方たちの、意外だったことを聞いて備えていきましょう!

食べづわりになった

食べづわりとは、とにかく食欲が旺盛でずっと食べていないと気が済まないといった、つわりの中の1つですが、ご存知ですか?

よくつわりは妊娠しているときに1番辛いことだと言われていますが、それは吐き気をもよおしたり、何らかの匂いに敏感になって気持ち悪くなったり、そういったイメージですよね。

 

しかしそういった吐き気などはなく、食べづわりのせいで常にお腹が減っている状態が本当に辛いものでした。

持っている服である程度の期間平気だった

妊娠したらすぐにマタニティウェアをたくさん買わないといけないと思っていましたが、意外と普段から着ているものでまかなうことができました。

お腹が大きい時期にもよると思いますが、夏場にお腹が大きかったので、いつも着ていたゆったりとしたワンピースを着ていました。

 

妊娠中に買ったものは、お腹も包めるような下着やレギンスですね。

妊婦検診にお金がかかる

子どもを産むことにお金がかかることは知っていましたが、出産前の妊婦健診にこんなにお金がかかると思ってもいませんでした。

出産は国から一時金をもらうことができるのですが、妊娠中に一時金はありません。

また保険が効かないことも痛いですね...

 

検診の内容によって金額は変わってきますが、初期は血液検査が多くなるので特に出費がかさみました。

自治体で制度があり、一部負担してもらえるところもありますが、私は1回1万円以上払ったときもありかなり驚いたことを覚えています。

睡魔が襲ってくる

妊娠6ヶ月頃、満員電車を避けるためにいつもより遅めに出社して、時短で早く帰るようにしてもらいまいた。

早めに帰っても、とにかく睡魔が襲ってくるのでお昼寝をせざるを得ない状況でした。

周りに妊婦さんがいることに気づいた

私が妊娠するまでは、妊婦さんを意識して見ることもなかったですし、見かけてもたまに見かける程度でした。

しかし妊娠してからは妊婦さんの存在にすぐ気づくようになりました。

とても不思議ですが、自分が妊婦になったことで意識するようになったのでしょうか。

精神的に弱る

母子ともに無事に出産が終えられるか、きちんと子育てをしていけるのか、などと突然不安が襲ってきます。

普段であれば全然鼻につかないようなことでも、鼻についてイライラしたり、いわゆるマタニティブルーの状態になりました。

 

このことについては、夫にも相談して協力してもらうなどしてなんとか乗り越えました。

不安なことや気になることを聞いてもらえるだけでも、かなり精神的に助かりました。

好きな食べ物など好みが変わる

食べ物の好みが変わるとは聞いていたものの、自分自身がそれを経験して本当に驚きました。

これまではあまり口にしてこなかった炭酸飲料が急に欲しくてたまらなくなりました。

炭酸の独特な泡の感じがどうも苦手だったのですが、妊娠中は夫にも頼んで買って着てもらうほど飲むようになりました。

 

産後は飲みたくてたまらない!ということはほとんどなくなりました。

しかし以前のように苦手ではなくなりました。

食べ過ぎてはいけない

驚きだったのが、妊娠中の体重にここからここまで増えてもいいといった、基準があることです。

妊娠中はたくさん食べて栄養を摂取しないといけないと思っていたのですが、この基準があるがゆえにそうもいかず...

 

反対に、その基準を超えることで出産するときのリスクが高まってしまったり、妊娠中毒症というお母さんも子どもも危険な状況になってしまったりする可能性があります。

私は妊娠中にとにかくたくさん食べてしまったので、主治医に食べ過ぎないようにと注意をされていました。

 

そのため、体重が増えすぎないように食べるものに気を使ったり、軽い運動をしたりしていました。

ノンアルコール飲料やカフェインレス飲料はまずい?

妊娠中はアルコール飲料やカフェインが入った飲料を避けないといけないのはご存知ですか?

私は毎朝コーヒーを飲むのが日課で、カフェインを摂取していました。

また会社の同僚と飲みに行くことがストレス発散だったので、アルコールもよく摂取していました。

 

そんなカフェインとアルコールが日常生活に必須だった私を救ってくれたのが、カフェインレス飲料とノンアルコール飲料です!

正直、そういった飲み物は美味しくないんじゃないかなと思っていたのですが、飲んでみると美味しくてびっくりしました。

そういった商品のおかげで、私の日課も崩されることなく、妊娠時から授乳終了時まで飲み物に関してストレスフリーで過ごすことができました。

胎動は激しい!

妊娠して6ヶ月くらいが経つと、胎動と呼ばれる赤ちゃんがお腹を蹴ったりすることが多くなります。

よくドラマなんかでも「あ、今蹴った...!」など幸せなシーンがありますよね。

 

しかし幸せで可愛らしい蹴りも初めのうちだけでした。

月齢が進むとどんどん激しくなり、お腹の形が変わってしまうこともありました。

激しくて眠れないときもあるくらいでした、本当に幸せな驚きです。

 

旦那の言葉にイラッ!妊娠中に言わないで欲しい言葉15選

夫婦の子どもを授かることは、誰にとっても喜ばしいことです。

しかし妊婦になった妻の変化に対応していくのも旦那さんにとってはなかなか難しいもの。

そのため、妊娠中は夫婦間でギクシャクすることが多く、喧嘩が勃発してしまいやすい時期でもあります。

 

特に悪気はなく言った発言が、実は妊婦さんである奥さんの心を傷つけたり、イラっとさせているかもしれません。

それではこれから、そういった言葉を紹介していきましょう。

特に妊娠中の奥さんがいらっしゃる旦那さまは必見です!

つわり大袈裟だよ

どんな種類でも、つわりはとにかく妊婦さんにとって辛いものです。

そんなときに、大袈裟だよといった言葉は絶対に言わないでください。

2人の子どもを、妊婦さんは一生懸命育てて守っているのに、そんなことを言っていては妊婦さんの不安を余計に煽ってしまいます。

 

また、他の妊婦さんはどんなときでも料理をしていたよ、ドラマでは妊婦さんでもバリバリ働いてるじゃん!などと決して他人と比べないでください。

辛さは本人にしかわかりませんし、比べるものではありません。

 

育児本には、つわりは二日酔いに似ていると書かれていますが、想像している二日酔いよりももっと辛いものだと考えておきましょう。

仕事休めるっていいよな

これも絶対に言ってはいけません、禁句です。

奥さんは夫婦2人の子どもを一生懸命育てています。

そして辛いつわりに耐えながらも出産に向けて備えている期間なのです、休みたくて休んでいる訳ではありませんよ。

 

そして育児が始まると、24時間ずっと育児に追われます。

お昼ご飯もゆっくり食べられなかったり、夜中も赤ちゃんが泣けば起きてあやして、おっぱいをあげて、とにかく24時間フル稼働です。

 

仕事が休めるっていいよな、という発言はそんな奥さんの努力を軽視しているような発言です。

旦那さんへの信頼も、一気になくなってしまうかもしれません。

何でもいいかな

子どもの名前や安産祈願に行く場所など、妊娠中にもいろいろと考えなければならないことがたくさんあります。

そんなときに、旦那さんから何でもいいかな、なんて言われると奥さんはショックを受けます。

 

子どもは、夫婦2人の子どもです。

何でもいいと言われると、子どものことはどうでもいいのかなと思ってしまいます。

 

最もイラッとするのが、聞いていないこと。

それでなくても精神的に不安定になるので、妊娠中の奥さんの話にはしっかりと耳を傾けるようにしましょう。

家にいるのにできないの?

もちろん、妊娠中の奥さんが家事が疎かになってしまうことに苛立ちを感じることもあるかもしれません。

妊娠中は、体も心も思ったようになりません

不安が募ったり体が重いだけでなく、赤ちゃんがお腹にいることで内臓が圧迫され苦しくなったり、立ちくらみが激しくなったりと、いつも通りに動くことができなくなってしまいます。

 

そこを少しでもいいので理解してあげるだけで、かなり夫婦関係も変わってくると思います。

太ったんじゃない?

妊娠中は、出産に適した体重をキープしなければいけません。

そのため、無理をしてでも今までよりも体重を増やさないといけない人も多いのです。

 

体型のことは本人が1番わかっていますし、全ては母子ともに無事に出産するためのことなので、奥さんが傷つくような発言は控えましょう。

ちょっと寝すぎてない?

先ほど書きましたが、妊婦さんは眠くなることが多いようです。

お腹にいる子どものためにも、寝られるときに寝ることが重要です。

 

確かに側から見ていると、何でそんなに寝ているんだろうと思うこともあるかもしれません。

しかし眠くなることは、妊婦さんの体にとっては自然なことなのです。

 

また、妊婦さんは1人の人をお腹の中で育てているので、かなりのエネルギーを使います。

お仕事から帰ってきて疲れたからすぐに寝る、ということは誰にでもありますよね。

それと同じように、妊婦さんも常に子どもを育てるというお仕事をしているのです。

子どもが生まれる前に飲んでおこう

妊娠中に不安になったり、心細くなったりする妊婦さん。

そんなときに旦那さんがいないのは、やはり寂しいものです。

妊婦さんは自由もききませんし、普段お酒が好きな人はそれも我慢しているのです。

 

できれば旦那さんも、飲みに行くなとは言いませんが、回数を減らすなどして奥さんに寄り添ってあげられると今後の生活もうまくいくかもしれませんよ。

 

妊娠中の疲れはどうやって解消する?

妊娠中は、仕方ないと思っていてもどうしても疲れが溜まってしまいますよね。

また体にもかなりの負担がかかると思います。

それでは、そんな疲れや負担を少しでも軽減する方法を見ていきましょう!

サプリメントを試してみよう!

つわりのときは、食べられるものが偏ったり、なかなか栄養のバランスを取れなかったりしますよね。

そんなときは妊婦さんに嬉しい、疲労回復の効果があるサプリメントを試してみましょう。

妊娠中も安心できるサプリメントを選べば気軽に飲めますし、ほんの少しでも妊娠中の心の支えになるかもしれませんよ。

軽い運動をする

安定して健康的に妊娠生活を送ることができている方は、妊娠13週を超えたあたりから軽い運動を取り入れてもいいかもしれません。

軽い運動は気分もすっきりしますし、疲れない程度の運動を行なってみましょう。

 

今は妊婦さん専用のピラティスやマタニティヨガなどがあるので、それを試してみるのもおすすめです。

ママ友ができて情報交換ができたり、日頃のしんどさなどを共有できたり、精神面も少し救われるかもしれません。

ただし、妊婦さんは体調変化が著しいので、毎日自分の体と相談しながら、無理のないように注意してください。

十分に睡眠をとる

睡魔に襲われながらも、お腹が圧迫されてなかなか眠れなかったり、膀胱も圧迫されることで夜中に何度も起きてお手洗いに行ったりとなかなかゆっくり眠ることができませんよね。

しかし、お腹の赤ちゃんは妊婦さんが睡眠をとっている間にも成長するので、できる限り睡眠をとっていきましょう。

 

方法としては、少し家事を頑張ったら15分休憩を取って仮眠するなど、時間を決めて行うことが大切です。

また日中にお仕事をしていてなかなか休憩が取れない人も、無理はしないでください。

家事と同様、少し頑張ったらこまめに休憩を取るように心がけましょう。

 

周りの同僚や上司に話して、そういった休憩の取り方をしていいか相談することも大切です。

とにかく、妊娠中は自分の疲れなどに素直になって無理をしないようにしていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

夫婦で妊娠中の生活を乗り越えて子どもを幸せに迎えるためにも、母子ともに元気で無事に出産をするためにも、こういったいろんなことに思いやりをもって行きましょう。

旦那さんはいつもより少し妊婦さんのことを考えて、妊婦さんはいつも以上に自分のことを労ってあげてくださいね。

 

*妊娠中の疲れにも効果絶大のすっぽんサプリのその他の効果とは?

効果
すっぽんサプリの効果効能!すっぽんサプリの疑問にもお答えします!

すっぽんサプリって、女性が飲んでも効果効能は感じられるのか、こんな噂があるけれど大丈夫?と不安に思われている方も多いでし ...

続きを見る

-妊娠中の悩み

Copyright© 【暴露!】すっぽん小町の本音の効果が・・・飲んで分かった真実をお伝えします!すっぽんサプリのリアルな本音の口コミ公開中! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.