Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

疲労感の悩み

寝起きがだるすぎて毎朝最悪!だるい原因とスッキリ目覚める方法!

更新日:

どうしてこんなに寝起きがだるいんだろうという悩みはよく聞きます。

寝起きが調子悪いとテンションも下がりますね。

朝だけではなく、1日中この状態が続いては元気もやる気も低下して精神的にも良くありません。

どうすれば寝起きを気分の良いものにできるのでしょうか?

寝起き後のおすすめの行動をご紹介しますので、毎日朝が憂鬱な方はご覧ください。

 

寝起きがだるい!そこにある原因と対策

長時間寝たはずなのに、寝起きがだるいのは朝からスッキリしませんね。

寝起きがだるい原因と、それを改善させる対策をご紹介いたします。

だるい気分が無くなれば朝からやる気と元気がみなぎってきますね。

寝起きとはどんな状態?

多くの方は目が覚めると起きなければならない、と思います。

しかし中々その気になれないのは体の電源がオフになっているからです。

家電の電源の様にパチッとオンオフを切り替えにくいのが人間の体の特徴です。

疲れが溜まっている、生活習慣の乱れなどが重なるとその電源は中々切り替えられません。

 

睡眠中は、浅い睡眠(レム睡眠)とぐっすりした睡眠(ノンレム睡眠)に分けられます。

浅いレム睡眠中に寝起きとなれば電源もオンにりやすいのですが、ぐっすり眠っている最中に目覚めるとだるいと感じてしまいます。

 

これは睡眠の質やサイクルを正す必要があるので、ただ長時間眠れば良いものではありません。

どうして寝起きがだるいと感じるの?

寝起きがだるい原因は大きく分けて2つあります。

まず最初に体や精神が疲れ切っている状態が挙げられます。

睡眠時間が短かすぎたり、質が悪いと当然寝起きもスッキリしませんね。

この状態だと1日中頭がボンヤリしたり、体もだるいと感じてしまいます。

 

そしてもうひとつは、ぐっすり眠っているノンレム睡眠中に起きてしまった事です。

確かにこの状態の寝起きはだるい、眠いで憂鬱な朝ですがすぐに回復します。

それは体の電源がオンになってきたので、活動モードに入ってしまうからですね。

中には頭の痛みを感じる方もいらっしゃいますが、それも一緒に回復します。

どうしてもだるい…そんな時は?

寝起きから時間が経っても一向に体が楽にならない、そんな時にはコーヒーを飲むのも良い方法です。

コーヒーには眠気を覚ます作用があるので、寝起きに飲むと体がオンになるスピードもアップするのですね。

日中に眠気を感じてしまう場合も昼食後にコーヒーを飲むと眠気覚まし効果に繋がります。

 

ただし、寝起きは空腹なのでその状態でコーヒーを飲み過ぎるのは胃に悪影響です。

コーヒーのカフェインに頼り過ぎるのも体にはあまりよい事ではないので、程々にしておくようにして下さいね。

その事に注意して行いましょう。

 

憂鬱なだるい朝をスッキリさせる方法14選

また今日も朝になってしまった、とうなだれている様では日中の活躍は望めません。

だるい寝起きを打破する方法を14個ご紹介いたします。

どれもちょっと工夫をすればできる事ばかりですし、何個か組み合わせて行う事もできます。

是非お試し下さい。

無理に早起きをしない

早起きは三文の徳、という言葉があるように早起きして活動するのは限られた時間を有効に使えます。

しかしそれが行き過ぎるとだるい、眠い状態を悪化させてしまうので極端な早起きは避けましょう

 

朝に運動をしたり、今話題の朝活をするのも悪くはありませんが、その為に睡眠時間が削られるのはいけません。

疲れている時は朝の活動を中止して少し寝坊をした方がスッキリと目覚められるでしょう。

普段は早起きでも自分の状態を考慮して臨機応変に対応するのが◎ですよ。

寝起きは布団の中でゴロゴロする

ゴロゴロとは、ずっと横になっているという意味ではありません。

布団の中でゴロゴロと回転運動をしたり、手脚を伸ばしたりする事です。

  • 足をバタつかせる
  • 手を思いっきり握って力を抜く
  • 思いっきり伸びをする

などの運動をするのも有効です。

これは体を動かす事で血行をアップさせて、脳も活性化するのでだるいと感じる時間が短くなります。

目が覚めたらじっとしているのではなく、軽く動きましょう。

もちろんストレッチをするのも◎ですよ。

何回もスヌーズを使わない

起きて二度寝するととんでもなく寝坊をしてしまいやすくなります。

その原因となるのが目覚ましのスヌーズ機能です。

オフにしない限り何度でもなり続けるので、二度寝、三度寝…とどんどん悪い状態へと行ってしまいます。

 

スヌーズは1回きりと決めておけば、気分もシャンとして素早く起きる事に繋がります。

どうせまたスヌーズが鳴るから、という気持ちだとどんどん寝起きのだるさは加速していきますよ。

まずはカーテンを開けよう

カーテンを開けると朝日が部屋に入ってきますね。

閉めたままだといつまでも薄暗い部屋の中で眠気と戦っていなくてはなりません。

寝起きすぐに布団から抜け出し、カーテンを開けるのは脳にも良い事なんです。

 

日光を浴びたり見たりするとセロトニンというホルモンが分泌されます。

このセロトニンはとても嬉しい効果が満載で、人間に幸せを与えてくれるホルモンと呼ばれています。

嬉しい、楽しい、幸せ等の感情を感じやすくなるので、憂鬱な寝起きでも爽やかですっきりした気持ちになれるでしょう。

 

曇っていても外の景色を見る事は脳の活性化に繋がります。

一緒に窓を開けて空気の入れ替えをすると尚グッドですよ。

寝起きの1杯!水または柑橘系のジュースを飲む

寝起き後はまず水を1杯飲むと眠っていた内臓が目覚めて気分も上がってきます。

冷たい水でなくても、ぬるま湯や白湯でもOKです。

特に冬場は白湯にすると体の芯から温まり、冷え対策にもなります。

オレンジジュース等の柑橘系の香りや味がする飲み物だと、更に刺激されて脳や体が活性化しますよ。

 

睡眠中は水を飲めない状態が何時間も続くので、当然体は水分を欲しがっています。

水を飲むのはデトックスや代謝をアップさせる事にも繋がるので、ダイエットにも効果が望めますね。

よくコーヒーを飲む方がいらっしゃいますが、コーヒーは食事と一緒、食後に飲むのが胃にも優しくておすすめですよ。

冷水で洗顔

これは眠くて仕方が無い時の対処法でもありますが、朝に行うと一気に寝起きから活動モードにチェンジできます。

だるいと思いながらも冷水で顔を洗うとシャキっとして毛穴から引き締まる事でしょう。

夏でも冬でもこれを行うともう二度寝する気にはなれないのではないでしょうか。

 

急に冷たい水に顔を晒す事で交感神経が働き出し、眠い、だるいという気分を吹き飛ばしてくれるのです。

まずは冷水でザブザブ洗ってから、ぬるま湯と洗顔フォームで丁寧に洗顔する方法も◎ですよ。

だるい気分を払拭させたい時にどうぞ。

朝シャワー

時間にゆとりがある時はシャワーも良い方法です。

お湯の温度は少し熱く設定するのがおすすめですよ。

熱いお湯は交感神経を働かせるので、これから活動する時には最適です。

 

夜のシャワーはぬるめが良いのはその逆なのですね。

ぬるいシャワーは副交感神経を働かせるので、気分が落ち着いて眠りやすくさせます。

 

夜もシャワーやお風呂に入った方の朝シャワーは、きっちり洗わなくても流す程度でOKなのでそう時間もかかりません。

体や気分がだるい時もシャワーを浴びればスッキリするものですよ。

鏡の前でニコッ

寝起きがどうしてもだるい、憂鬱、このまま寝ていたいと感じて仕方が無い時は不機嫌そうな顔になっています。

その時に無理にでも笑顔を作ると不思議と憂鬱な気分が緩和されますよ。

布団の中で笑顔を作るのもOKですが、どうせならば鏡の前で笑ってみましょう。

 

自分の笑顔を見る事で、こんなに楽しそう、今日も笑顔で過ごそう、と前向きな気分になってきます。

笑顔は脳に良い刺激をもたらすのは科学でも解明されている事なので、朝だるいと感じる時は積極的に笑顔で居ましょう。

 

この癖が付けば職場や外出先でも自然と笑顔が振りまけるので、好感度もアップしますよ。

笑顔も癖なので、毎朝鏡の前でニコニコしていれば、笑顔が苦手という意識も消え去るでしょう。

メイク、ファッションをキメる

メイクをして髪型を整え、服に着替えると気持ちもキチンとします。

逆に、何時までもパジャマのまま、すっぴん、髪はボサボサのままだと寝ているのか起きているのか分かりませんね。

仕事に行ったり、外出する時はもちろんですが、休日の何も予定が無い時でもこれは有効です。

1日中パジャマで過ごすのは好ましくありません。

 

寝起きの状態からできるだけ早く外に出られる身なりに整えて、気分をチェンジさせましょう。

朝食の先に身だしなみを整えるとより早くだるい気分ともサヨナラできるのではないでしょうか。

ラジオ、音楽BGMに

無音の状態だとだるい事ばかりに集中してしまいます。

ですが、何か音楽やラジオの話し声などが聞こえると脳がこれに応えて活性化します。

好きなミュージシャンや歌手の音楽でも良いですし、元気が出る曲でも良いでしょう。

 

こうする事で寝起きの脳が活動モードに入るので、午前中ずっとボンヤリしていると言うことにはなりません。

聞くのは歌でなくても、今話題のせせらぎの音やさざ波の音などのヒーリングミュージックでもOKですよ。

朝食は栄養に配慮して

よく食パンだけ、おにぎりだけの朝食の方がいらっしゃいますが、これでは栄養が偏っています。

ビタミン、ミネラル、たんぱく質も摂りいれる様に心がけましょう。

そうする事で脳に栄養が行きやすくなり、早くだるい状態から脱出できます。

いつもの朝食にサラダやヨーグルト、スープを付けたすと理想的です。

 

ですが、中々朝に時間が取れない、野菜を摂るゆとりが無い、そんな方はすっぽん小町を飲むと栄養分の補給ができます。

サプリメントなのでサッと飲めますし、滋養強壮や美容効果が高いので1日の元気と活力の源となりますよ。

窓際で朝食を

どうせ朝食を食べるのならば、暗い部屋の奥よりも窓際で食べましょう。

前述しましたが、朝日や日光にはセロトニンという幸せホルモンを分泌させる力があります。

なるべく長時間日光に当たっているのは精神の安定面でもとても好ましい事です。

 

また、朝に日光を沢山浴びるのは体内時計を正常にする事にも役立ちます。

現代人はこの体内時計が乱れている方が多く、昼も夜も無いという状態です。

これでは睡眠の質も悪くなりますし、日中睡魔に襲われる事になってしまいます。

 

朝日を浴びて朝食を食べている内に、だるい気分も緩和されてご機嫌になってくるでしょう。

カフェなどに行った際も窓際を選ぶと◎ですよ。

テレビよりも新聞を読む

朝にテレビを付けてニュースをチェックする方は多いですね。

ですが、テレビだと別に知りたくない情報や、聞きたくない事も否応なしに聞かなくてはなりません。

これでは朝から気分が滅入る事もありますよね。

 

その点新聞は得る情報を自分で得られます。

興味のある記事は熱心に読みますし、要らないと判断した記事は読み飛ばしてOKです。

 

テレビはどうしても支度をしながら聞き流すだけになって頭にちゃんと入ってこない事が多いですね。

しかし、新聞は文章を読むので、きちんと内容が頭に入りずっと覚えているものです。

新聞に目を通しておけば話題も豊富になりますし、ちょっとした雑学教養も身に付くようになります。

SNSは夜しない

夜布団に入るとずっとスマホをいじっている方がいらっしゃいます。

これでは睡眠の質を下げてしまい、寝起きがだるい、朝起きられないという状況を作ってしまいます。

夜は睡眠1時間前になったら、スマホやパソコンの操作は控えましょう。

ブルーライトを浴びる事で脳が変に興奮した状態になり、寝付けないと言った原因にもなります。

 

SNSを見たり、ゲームをするのは朝、日中にするようにしましょう。

日中ならば、脳が興奮しても問題はありません。

SNSをついつい長時間してしまう方は、夜はしない事で歯止めになるかもしれませんね。

 

まとめ

寝起きが辛い、だるい方は起きた後の行動をチェンジしてみるのが良いようですね。

だるいとあまり動きたくない何もしたくないと消極的になってしまいますが、そこが踏ん張りどころです。

1日中ボンヤリ過ごすか、朝から元気で爽やかな気分で居られるかは寝起き後の行動にかかっているのですね。

 

すっぽん小町を飲んで栄養状態、健康状態を整えるのも寝起きの状態改善の一つの方法です。

ご紹介した方法を実践してみて、ぜひ毎日の寝起きを快適なものにして下さいね。

 

*寝起きが楽になると噂のすっぽんサプリの効果とは?

効果
すっぽんサプリの効果効能!すっぽんサプリの疑問にもお答えします!

すっぽんサプリって、女性が飲んでも効果効能は感じられるのか、こんな噂があるけれど大丈夫?と不安に思われている方も多いでし ...

続きを見る

-疲労感の悩み

Copyright© 【暴露!】すっぽん小町の本音の効果が・・・飲んで分かった真実をお伝えします!すっぽんサプリのリアルな本音の口コミ公開中! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.