Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人気のすっぽんサプリ「すっぽん小町」を実際に購入した私の本音の口コミ暴露!良い口コミ、悪い口コミ両方を確認しましょう!白髪や薄毛にも効果があるってホント?

【暴露!】すっぽん小町の本音の効果が・・・飲んで分かった真実をお伝えします!すっぽんサプリのリアルな本音の口コミ公開中!

育児の悩み

授乳中に禁止の食べ物とは?飲んでもいい頭痛薬も知っておこう!

更新日:

授乳中に食べてもいいもの、だめなもの、いろいろ聞くけどよくわからない...

そんな方も多いと思います。

そこで今から紹介する、授乳中に禁止されている食べ物を見ていきましょう!

 

後半には誰もが悩まされる頭痛についてもご紹介しているので、授乳中に飲んでもいい薬をぜひチェックしてくださいね。

 

母乳に影響する?授乳中に禁止されているもの

赤ちゃんに直接栄養が届ける役割をしているのが母乳。

そんな母乳が、赤ちゃんに悪影響を与えてしまったら...と考えると怖いですよね。

そこで、禁止されている食べ物をしっかりとチェックして栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんに届けましょう!

授乳中に禁止されているもの2つ

授乳中のママに禁止されているのは、成分にアルコールを含むものと、母乳に影響がある薬です。

アルコールが禁止されているのはよく耳にすると思います。

それでは次に、なぜ禁止されているのか理由を見ていきましょう。

アルコールを含む食べ物

アルコールは、飲酒というイメージを持つ人が多いと思いますが、食べ物に含まれているアルコールにも注意が必要です。

なぜならアルコールは母乳の成分となることが多く、摂取したアルコールの濃度と同じ程度のアルコール濃度の母乳が作られます。

 

しかし赤ちゃんはまだ肝機能が発達していません。

そのためアルコールを分解することが難しく、体内に残ってしまいます。

それによって赤ちゃんの脳神経や発育に影響を与えてしまったり、アルコールを多く摂取していると急性アルコール中毒を起こして命を落としてしまう可能性もあるので、アルコールの摂取は禁止です。

 

赤ちゃんはもちろん未成年です。

未成年は飲酒することが禁じられていますよね。

そのため赤ちゃんにももちろん悪影響を及ぼします。

アルコールは未成年である赤ちゃんも摂取している、という意識を持ちましょう。

授乳中に摂取してはいけない薬

授乳中に服薬してはいけない、とよく耳にしますが、必ずしも服薬してはいけないわけではありません。

服用してはいけない成分をきちんと把握しておきましょう。

 

では、服用してはいけない商品と成分を紹介します。

※商品名/成分名で表記、商品名は代表的なものを記載

  • ヨードカプセル-123 / ヨウ化ナトリウム
  • ヨウ化ナトリウム / ヨウ化ナトリウムカプセル
  • アンカロン / アミオダロン
  • コカイン / コカイン(麻薬)

上記を含む薬の服用は控え、また、服薬する場合は医師と相談すると安心ですね。

 

禁止されているものってもっと他にあるんじゃないの?

授乳中に禁止されている食べ物はアルコールを含むものと一部の薬だと紹介しましたが、たった2つだけだったっけ...?と思う方も多いと思います。

そう思ってしまう理由は、禁止されているものではなく、食べすぎてはいけないもの、食べるのをできるだけ控えるべきものが多いからです。

 

例えば、体を冷やすもの、カフェインを含むもの、刺激物、脂っこいもの、甘いもの、乳製品、お餅やもち米、などが挙げられます。

この中には聞いたことがあるものもたくさんありますよね。

 

これらは必ず禁止されているわけではありません。

しかし、食べ過ぎたりすると母体や母乳に悪影響を及ぼすことがあったり、少しの量でも赤ちゃんに悪影響があったりする場合もあります。

そのため、できるだけ授乳中には摂取しない方がいいかもしれません。

 

それでは、摂取しない方がいい理由を見ていきましょう。

体が冷える食べ物

母乳は血液からできていますが、体を冷やすと血行が悪くなってしまい、母乳が出にくくなります。

そして注意したいのは、冷たい飲み物などはもちろん、生野菜にも体を冷やしてしまう効果があることです。

 

野菜は、夏野菜・冬野菜と呼ばれるものがあり、夏は暑いため体を冷やす効果を持った野菜が多くなります。

反対に、冬には体を温める効果を持った野菜が多く出回ります。

それでは夏野菜と冬野菜の例を見ていきましょう。

体を冷やす夏野菜

トマト、レタス、きゅうり、ナス、ほうれん草 など

体を温める冬野菜

しょうが、ごぼう、玉ねぎ、長ネギ、にんじん、じゃがいも など

 

こういった夏野菜をできるだけ避けて冬野菜を摂取し、体を温めるようにしていきましょう。

カフェイン

毎朝の習慣でコーヒーを飲む人や、元気付けたいときにエナジードリンクを飲む人は多いのではないでしょうか。

しかしこれらの飲み物にはカフェインを多く含むので、授乳中は避けるべきだと言われています。

 

カフェインは眠いときに摂取して目を覚ましたりしますよね?

実はこれ、赤ちゃんにも同じ作用があるんです。

 

お母さんが摂取したカフェインのうちの約1パーセントが母乳に含まれてしまうのですが、この少量でも赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があります。

例えば、大人もカフェインを摂取すると覚醒作用が働きますよね。

それと同じで、赤ちゃんも摂取量が多いと情緒が不安定になったり、不眠になったり、ぐずりが多くなったりします。

 

そのため、できるだけカフェインの摂取は避けるようにしましょう。

また、お菓子やアイスクリームの抹茶味やココア味、コーヒー味、チョコレートを使った食べ物、目を覚ます働きがあるガムなども、カフェインを含む場合があるため要注意です。

唐辛子などの刺激物

授乳中のお母さんが香辛料や唐辛子を多く含む食べ物を食べるとなぜいけないのか。

それは、母乳の味に影響が出てしまうからです。

個人差がありますが赤ちゃんにも味覚があり、赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がっている場合はお母さんが食べたものが母乳に影響を与えている可能性があります。

 

また、母乳を嫌がって飲まなかった場合、お母さんの乳腺が詰まりやすくなってしまいます。

そのため、にんにくが使われる食べ物(焼肉や餃子など)、香辛料が使われている食べ物(カレーなど)、唐辛子が使われている食べ物(麻婆豆腐やキムチなど)はできるだけ注意してください。

脂質が多いもの

脂っこいものをたくさん食べ過ぎると、母乳を作っている血液がドロドロの状態になります。

そのため、母乳も血液と同様、ドロドロになってしまうのです。

 

その状態になると、母乳の味に変化を及ぼすため赤ちゃんが母乳を飲まなくなったり、乳腺が詰まって乳腺炎になることもあります。

そのため、揚げ物などの脂質が多いものは避けましょう。

糖分が多いもの

甘いものが好きな人は多いと思います。

しかし糖分も脂質と同じように、血液と母乳をドロドロにしてしまう可能性があります。

その中でも、洋菓子や菓子パンには脂肪分を多く含む食べ物には要注意です。

 

しかし、甘いものが好きな人が多い中で、さすがに甘いものを一切食べないというのはかなりストレスが溜まってしまいますよね...

そのため、体調の具合や赤ちゃんがいつもと変わらず母乳を飲んでいるかどうかなどを気をつけて、適度に摂取することをオススメします。

牛乳

牛乳は栄養も多く含まれていて、母乳にいい影響を与えてくれるような気がしますが、実は脂肪分も多いためあまりオススメできません。

なぜなら、脂質が多いものと同様、乳腺が詰まりやすくなってしまい、乳腺炎になる恐れがあるからです。

 

他にも、カルシウムを多く含むため良いイメージがありますが、ヨーグルトやチーズ、バター、生クリームなどの乳製品も過剰に摂取しないように心がけましょう。

もち米、お餅

もち米やお餅は、授乳中に食べると良いといった話と良くないといった話があります。

 

食べると良いと言われる理由は、白米よりもカロリーが高く、母乳を分泌するためのエネルギーを摂取することができます。

特に産後に食欲がないお母さんは多く、栄養が不足している場合も多いです。

その場合もち米やお餅を食べることで、エネルギーを補給して母乳が出るようになることがあります。

 

食べると良くないと言われる理由は、先ほどお伝えしたようにカロリーが高いからです。

栄養が十分に取れているお母さんや、母乳がしっかりと出ているお母さんにとっては、カロリーの取り過ぎになってしまいます。

そうすると母乳が必要以上に作られて乳腺が詰まってしまう可能性があります。

 

そのため、もち米やお餅については、お母さんの体調などを考えて摂取するか摂取しないか検討することをオススメします。

 

頭痛薬って授乳中に飲んでもいいの?

先ほど、飲んでも良い薬と飲んではいけない薬の話が少し出ましたね。

やはりお母さんが体内に入れたものは赤ちゃんの体内にも入ることになるので、慎重に取り入れていきたいですよね。

市販のものや医療用医薬品のものでも、授乳中に服薬してもいい頭痛薬があるので安心してくださいね。

それでは実際にどのようなものがいいか、お伝えしていきます。

病院で処方される頭痛薬

処方される頭痛薬の中では、効き目が強すぎないカロナールが代表的なものとして挙げられます。

カロナールには様々な種類がありますが、妊娠している可能性がある場合や、妊婦さんは注意して判断が必要だと記載があります。

 

しかし授乳中に飲んではいけないなどの注意は記載されていません。

そのため、どうしても頭痛がひどく辛いときは、主治医と相談してカロナールを処方してもらうといいでしょう。

 

しかしカロナールがオススメと言っても効き目などは個人差があるため、お母さん同士で譲ったりすることは絶対にやめておきましょう。

必ず医師に相談してから薬を飲むことを心がけてください。

市販薬で飲める頭痛薬

ドラッグストアで買えるものでも授乳中に服用できる薬があります。

ご紹介しますが、基本的にはお医者さんに相談してから飲んでくださいね。

ロキソニン(ロキソニンS)

子育て中にどうしても病院にいけない場合もありますよね。

そんなときは市販の薬を服用することも手段として持っておきたいです。

そんな中で、頭痛薬で最も名前が知られているといっても過言ではない、ロキソニンも授乳中に服用できる薬の1つです。

しかし、ロキソニンも「必ず医師・薬剤師に相談すること」と記載があります。

頭痛が頻繁に起きる人は、検診などで病院に行くときに医師に相談しておくといいでしょう。

バファリン

こちらも知名度が高い頭痛薬だと思いますが、バファリンの中でも一番強すぎないのがアセチルサリチル酸が含まれているバファリンAです。

アスピリンはアレルギー反応が出る人もいるため注意が必要ですが、医師に相談して確認ができれば服薬できる可能性があります。

イブA錠

エスエス製薬が発売しているイブA錠は、小粒の錠剤なので錠剤を飲み慣れていない人も飲みやすいと評判が高く、そういった方にオススメです。

こちらも医師に相談してからの服用が必須ですが、さらに注意したいのがお子さんが誤飲をしないことです。

イブA錠は15歳以上が服用できる薬なので、お子さんの手の届かないところに保存するようにしておきましょう。

葛根湯

葛根湯は風邪の引き始めに服用する人が多いのではないでしょうか。

妊娠中も手放せなかった人もいるかと思います。

葛根湯もいろんなタイプのものが発売されていますが、漢方独特の味や匂いがするため、そういったものに苦手意識がある人は錠剤のものがオススメです。

 

葛根湯は、乳腺炎の方にも処方されるものなので、授乳中に頭痛薬として服用することもできます。

しかし、注意事項に「体力中等度以上」とあるため、体力が戻っているお母さんに限られます。

他にも漢方は体力によって処方が変わってくるため、薬剤師に相談して購入することを推奨します。

 

冷え対策・血行促進方法を知って母乳の出をよくしよう!

母乳の出が悪くて悩んでいるお母さん、実は体の冷えが関係しているかもしれません。

なぜ冷えるとよくないのか

体が冷えると血流が悪くなってしまいます

そして母乳は血液からできているため、血流が悪くなると母乳も出にくくなってしまいます。

元々冷え性の方も多いと思いますが、特に授乳中は体を温められるようにしましょう。

食事で体を温めよう

基本的に、バランスの取れた食事をすることを心がけていきましょう。

栄養が偏ると、血液がドロドロになり母乳もドロドロになってしまいます。

その結果、母乳の出が悪くなるので食事のバランスには気をつけましょう。

 

その中でも、根菜類が体を温める食材に適していると言われています。

にんじんや大根、じゃがいも、れんこん、さつまいも、さといもなど、土の中にできる野菜を積極的に取っていきましょう。

 

正直なところ、育児で精一杯で自分の食事なんて気にしていられない...毎回栄養のバランスの良い食事をとるのは難しい...そんな方も多いと思います。

そういった方は、授乳中でも摂取できるサプリメントで栄養補給をするのも1つの手かもしれません。

 

まとめ

授乳中のお母さん方、いかがでしたか?

毎日の育児、本当に大変だと思います。

赤ちゃんのためにも、自分の体を労って栄養のある食事を取ったり、サプリメントで補給したりすることを心がけてみてくださいね。

 

*授乳中ににも摂取できて疲労回復効果の絶大なすっぽんサプリの効果とは?

効果
すっぽんサプリの効果効能!すっぽんサプリの疑問にもお答えします!

すっぽんサプリって、女性が飲んでも効果効能は感じられるのか、こんな噂があるけれど大丈夫?と不安に思われている方も多いでし ...

続きを見る

-育児の悩み

Copyright© 【暴露!】すっぽん小町の本音の効果が・・・飲んで分かった真実をお伝えします!すっぽんサプリのリアルな本音の口コミ公開中! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.